保育する先生の姿

先生たちが、日々、子どもたちに接する姿勢はとても大切です。教える存在として高い位置から子どもたちに接するのではなく、子どもたちの目線に立ち、ひとりひとりを見守るやさしい保育者の眼差しこそ大切だと考えています。

 

ブログトップ

お問い合わせ

12月の行事

9(土) 成道会こども会
11(月) 代休
13(水) もちつき
14(木) 誕生会
15(金) 個人面談
18(月) 個人面談
19(火) 終業式
 20(水) たんぽぽクラブ
  冬休み(~9日まで)
23(土) 天皇誕生日